クレーター状の凹凸を改善|特殊な糸を使ってたるみを改善できるフェイスリフト手術

特殊な糸を使ってたるみを改善できるフェイスリフト手術

女性

クレーター状の凹凸を改善

婦人

クリニックで治していこう

色素沈着やクレーター状の凹凸など、にきび跡に現れる肌トラブルは、多くの方の悩みの種になっています。特にクレーター状の凹凸は、皮膚そのものが変形しているため、なすすべもなく放置を余儀なくされている方も大勢いらっしゃいます。しかし、美容クリニックの治療を受ければ、クレーター状のにきび跡でも改善させることができます。クレーター状のにきび跡に特に有効なのは、専用機器を使って肌にレーザーを照射する施術です。クリニックで使用されているレーザーにはいろいろな種類があり、機器によって肌へ作用する仕組みも違ってきます。中でも、効果的な治療法として注目を集めているのが、患部の組織を生まれ変わらせる作用がある、フラクショナルレーザーでの治療です。このレーザー治療は、肌組織そのものを再生させるため、元のなめらかな肌へと回復させることができます。

自己治癒能力を引き出す

フラクショナルレーザー治療は、レーザーによって皮膚に極小の穴を開ける治療法となります。極小の穴を開ける行為は、言い換えれば肌に極小の傷を、あえて作るということになります。肌に傷ができると自己治癒能力が活発になり、多くの成長因子が分泌され、どんどん肌の再生作用が促進されていきます。フラクショナルレーザー治療は、肌の再生作用を促す治療法であり、極小の穴が開けられるレーザーだからこそ可能な治療法なのです。レーザー照射後はコラーゲンの生成が進み、クレーター状の凹凸が少しずつ改善されていきます。クレーター状のにきび跡に悩んでいる方は、フラクショナルレーザー治療を採用しているクリニックで施術を受けると良いでしょう。