特殊な糸を使ってたるみを改善できるフェイスリフト手術

ウーマン

クレーター状の凹凸を改善

婦人

にきび跡のクレーター状の凹凸は、美容クリニックのレーザー治療を受けることで改善させることが可能です。特に、レーザーで肌に極小の穴を開け、再生作用を促進させるフラクショナルレーザーは、クレーター状のにきび跡の改善に最適です。

詳細を読む

目元の黒ずみの解消

ウーマン

目の下に変色を齎すクマは美容整形外科で治す事ができます。美容整形外科の治療法には非常に多くの種類があります。その為、施術を受ける前にはそれぞれの治療の特性と個々の目元の症状にマッチするケアを見極める事がポイントです。

詳細を読む

種類とメリット

レディ

溶ける糸と溶けない糸

フェイスリフト治療は溶ける糸を使うものと溶けない糸を使うものの2種類に大別することができます。それぞれ何種類か方法があるので、最高の仕上がりを手に入れるためにも違いを把握し相性を見極めましょう。溶ける糸を使用するフェイスリフト治療のメリットは、追加手術がやりやすいことです。治療後数ヶ月から2年近く経つと自然に体内に吸収されますから、常に身体に糸を入れっぱなしの状態に抵抗を感じる方にも安心です。顔のたるみ具合は年々変わるので、たるみやシワの変化に応じて定期的にメンテナンスしたい方には溶ける糸を使ったフェイスリフト治療が向いています。一方、溶けない糸を使うフェイスリフト治療は、持続時間が非常に長いことが最大の魅力です。糸を取り出す手術を行わない限り、皮膚組織をキープし続けてくれます。一回の治療で完結するので、メンテナンス費用が気になる方にもぴったりです。

溶けない糸の安全性

フェイスリフト治療に関しては誤解されていることも多いので、正しい情報を知り本当に効果的な方法を選択することが必要です。例えば、溶けない糸は取り返しがつかないと思われていますが、そんなことはありません。名医が施術した完成度の高い治療に成功すれば、本当に良い状態でたるみをリフトアップさせることができます。万が一気に入らなければ手術で調整することができますし、実際に施術した患者さんも満足している声が大半です。使用する糸に関しても、最近は安全性抜群の素材が登場しています。感染リスクや異物反応リスクが極めて低いシリコン素材などを使えば、術後トラブルに見舞われる確率はほとんどありません。見た目も良くなり安全で効果も長く続くなら、患者さんにとっても理想の状態です。溶けない糸も選択肢に入れて、フェイスリフト治療の方法を絞り込みましょう。

大切な手術の際に

ドクター

目頭切開は、自分の顔に合うように目を大きくできる手術のことであり、簡単な手術で違った印象を持つことができるため人気が集まっています。自身の体の手術ですので、自分の目で信頼できる医者を選びましょう。メリットだけでなくデメリットも説明する、色々なパターンの手術法が可能な医者が名医です。

詳細を読む